富士山画販売

 

西陣織の富士山

​京都 西陣織

西陣織とは、京都(西陣)で生産される先染め紋織物の総称で、錦、緞子、朱珍、絣、紬などの多彩な糸を用いた高級絹織物です。
糸を先に染めて織り柄を表現する技法で織られ、白生地を後から染めたりプリントしたりする後染めの織物と比べ、深みのある高級感漂う表現力が特徴です。

西陣織の歴史は古く5 世紀末からこの伝統が伝えられており、応仁の乱を期に大きく発展します。
その伝統は現代まで受け継がれ、昭和51年2月26日付で国の伝統工芸品に指定されました。

伝統工芸品 西陣織とユタカムラカミのコラボ作品

ユタカムラカミの独創的な富士山と、西陣織が織りなす世界観をお楽しみください。